味覚障害

がん宣告

Vol 22 ココスでハンバーグ

2年ぶりのココスのハンバーグです。 ハンバーグは呑み込みができないこともあるので 二の足を踏んでいました。 どうしても食べたかった。 思い切って食べてよかったです、またご飯でなくパンを選べます。 おいしくいただけました。 ただし最初...
がん宣告

Vol 21 洋食屋さん いちえ

今日は月一の病院に行く日です。 検診も早めに終わったので、帰りのバス沿いの洋食屋さんで昼めし。 洋食屋さん いちえさんです。 普通の一軒家を改装しているお店です。 中に入るとちょっと高齢の夫婦がやっています。 メニューはたくさんあります...
がん宣告

ガンと一緒に老いて逝く

一休さんが面白いことを言っていました。 『世の中の 娘が嫁と花咲いて 嬶としぼんで 婆と散りゆく』 どんな時代でもいつまでも娘のままではいられない。 人はどんどん時を歩いていき、そして死んでいく。 誰でも同じようなことが起きる。 人はいろ...
がん宣告

Vol 19 ステーキ肉を食べる

今日は自宅でステーキ肉を焼きます。 近くのスーパーで100g強のステーキがありました。 きゅうりを薄く切ってマヨネーズで和えます、 ミニトマトも添えて久しぶりのステーキです。 家に帰り30分ほど肉を平温でおいて フライパンを熱して一気に焼...
がん宣告

Vol 18 おなじみの王将で昼飯

いつもの王将で昼ごはん この前は酢豚をいただいたので、 本日は肉団子の甘酢かけ、唐揚げミニサイズです。 肉団子が柔らかくておいしい、 唐揚げは塩コショウをかけて頂きました。 唾液が出ない状態で、塩コショウをかけすぎると喉がカラカラになる。 ...
がん宣告

Vol 18 いつもの『くるみ』さん

今日は図書館で本を借りる、今読んでいるのは、五木寛之の『親鸞』 一度は読んでおこうと思った本ですが、かなり面白い。 今は『激動編』です。 1日で読んでしまうので今日は『完結編』の上下を借りる。 親鸞はこれから僕自身の一つの光になるかもしれな...
がん宣告

Vol 17 ザめしやで昼ごはん

昼ご飯はザめしやで焼きサバとミニ豚汁と小ご飯&天ぷら一つ。 今日のご飯は口の中でまとわりつく。 昼間からビールを飲んでいる人が結構いる。 ビールを飲みたいと思うけど飲めるかな?と躊躇してしまう。 もう飲んでもいいと思うのだが、今度小さいサイ...
がん宣告

がん闘病生活 皮膚の乾燥がきつい

この頃気づいたことがある。 湿疹が顔から頭まで全体に出ている。 皮膚病かな思うほど皮膚のかさつきと小さな皮膚のめくれがある。 頭髪はフケだらけ、顔の表面も細かい皮膚のめくれ 爪で削ると皮膚がどんどんめくれてくる。 病院でもらった皮膚の保湿剤...
がん宣告

Vol 16 図書館近くの『くるみ』

図書館の通りを挟んだところに定食屋の『くるみ』があります。 昼定食がいつも二通りあります。 昼だけしか営業していないようです、お昼定食以外にも普通の定食もあります。 私はたまにうどん定食を食べていました。 今日は赤身の煮つけとハンバーグです...
がん宣告

がん闘病生活

日本人の半分に一人は、がん患者だといわれている。 そのうちの一人になって早1年目を迎える新参もんです。 長い間がんと向き合っている人も多いと思います。 ベテラン(失礼な言い方かな?)にとってがん治療を終えて退院してまだ2か月の私は、 まだま...
がん宣告

Vol 15 町の中華屋さんの定食

摂津市では有名な中華屋さんの龍亀さん。 駐車場も完備しています、昼はいつも満席です。 月、木曜日が定休日です。 八宝菜定食 800円です。 ご飯の量は通常の半分以下でお願いしました。 ここの卵焼きが気に入っています。 八宝菜、卵焼きともに...